サービスコンセプト

(生活支援+IT)☓(相談援助)=≪見守りの仕組み≫ 

service-concept8

 icon-thumbs-o-up 社会福祉士による≪生活相談コンシェルジュ≫が標準装備

フクロウらいふのサービスの最大の特徴は、社会福祉士(ソーシャルワーカー)による生活相談・福祉相談ができる≪生活相談コンシェルジュ≫全てのサービスに標準で装備されていることです。
これは介護保険でいうところの、ケアマネージャ的な役割を担います。シルバー世代だけの世帯や、介護保険認定を受けられていない方などは、福祉だけでなくさまざまな情報がを効率的に得られない様子が見られます。フクロウらいふでは、生活支援などのサービスを提供しながら、お客様のプライベートコンシェルジュとして、様々な課題解決のための情報提供やご提案を行っていきます。

  人の手が届かない隙間の部分にITのチカラを活かす

フクロウらいふのサービスのもう一つの特徴は、ITのチカラを活かしたサービスであることです。
生活支援サービスなどを行っても、顔を合わせられるのは多くとも週に一回程度。お客様の毎日のご様子まではうかがい知ることはできません。そこでフクロウらいふのサービスは、人の活動室内の温度を24時間チェックして、お客様の異常事態を関係機関へ通報する≪フクロウのみまもり≫システムもまた標準装備しています。
この他にも、人の目が届かない隙間の時間についても安心して生活していただけるように、ITを活かしたまざまな工夫を盛り込んだ生活支援サービスをご提供しています。(ITを活かした生活支援サービス事例はこちらをご覧ください。)

  (生活支援+IT)☓相談援助=見守りの仕組み

フクロウらいふでは、個々のサービスに連続した意味を持たせながら、結果的にはお客様の生活を≪見守る仕組み≫を作っていくことをコンセプトとしています。そして、フクロウのサービスだけでなく、医療や福祉の専門家、そのほかさまざまな関連機関と連携しながら、その≪見守りの仕組み≫のネットワークを更に広く・強く充実させていきます。これは、フクロウらいふが生活・福祉相談援助の専門家であるソーシャルワーカが提供するサービスであるからこその強みと言えます。

 


kaidanフクロウらいふの生活支援サービス

 


 sagasuフクロウらいふのIT活用教室

 


 suiminフクロウらいふの見守りシステム

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter