利用事例-スマートフォン活用教室

IT活用教室 

スマートフォン活用教室の利用事例をご紹介します。


 

  スクールレッスン(教室型):講座の様子

 

job_teacher_koushi_woman

講座テーマ:スマホ・タブレット活用講座
開催日 :2016年9月8日
講座時間:2時間

講座の様子:

シニア層でもスマートフォン人口が増えてきていますが、
なかなか使いこなせていない、
使いこなせているか自分でもわからない
もっと使いこなせたらいいのに・・・
と悶々とされる人も同時に増えているのが現実でしょうか。

「スマートフォンを活用する」というイメージを頭に描く

今回の講座は

「スマートフォンやタブレットを使いこなすってどんなこと?」
「スマートフォンを使いこなせたらどうかわるの?」

など、スマートフォンを活用できるということを
イメージできるようになることを目的とした講座です。

「今でも電話やメールが出来ているから、問題ないわ」

そんなことおっしゃらず、
本当のスマホやタブレットのいいところを
一緒に見て、知って、学んでみましょう。

「快適性」「利便性」「経済性」などなど
まだまだ享受できていないスマホのメリットを
知っていただきたいんです。

という目的のこの講座。
平日のお昼間ということで、受講者はシニア層の女性が大半。
およそ12名程の方の参加でスタートです。

スマートフォンが普及してから
より一層、写真は撮ったまま放置する傾向が強まり、
撮りたまった写真を見つけ出すのも難しい状況の人が多くなっています。

rozenkoza

スマホやタブレットの便利さは
自分に合ったアプリに出会えるかどうかが決め手。
自分の生活習慣や癖、困りごとなどが
アプリを探すヒントになります。

困ったあなたに、寄添うアプリたち

今回はシニア層の女性が多いということで

財布が整理できない(汗)

ものをすぐにどこかに置いて探してばかり(大汗)

そんな困りごとがアプリで解消できるかも・・・
という仮説を実際のアプリの機能をみながら
ご紹介してきます。

財布が整理できない・・・
いわゆる「ブタ財布症候群」

みなさんニヤニヤ・・・
そうなんですね、ブタ財布、お持ちなんですね。

減らすべきものが何かが分かれば
アプリを探すのは簡単です。

レシート
メンバーズカード
クーポン券
現金
診察券

ライフオーガナイザーの佐藤さんと時々開催する
老前整理講座のアイスブレイクで行う
財布の整理のワークショップをやると
だいたいみなさん、これらのものが
財布の中を占拠している事がわかります。

あまり使用頻度が高くないもの
入れておかなくてもよさそうなもの

を、アプリを使って代替させたり
保管管理したりできれば
さいふはとてもスリムになります。

ここでは具体的なアプリの紹介はしませんが
財布という共通の困りごとから
アプリを探すというアプローチを学んでいただきました。

写真の整理も忘れちゃいけません!

もうひとつ、私の講座でお話しする困りごとと言ったら

そう、写真のお片づけです。

こちらはニヤニヤ。。。というより
みなさん真剣な表情。
財布が整理できない事よりも
切実なお悩みが見て取れますね。

写真が撮りっぱなしだったり
どこに写真が行ってしまったかわからなくなっていたりというのは
年齢・性別関係なく
困りごとになっています。

ここでも写真整理を進めるための強い味方
Googleフォトというアプリケーションをご紹介します。

Googleフォトの衝撃 \(◎o◎)/!

Googleフォトを使った写真の管理を始めると
どんなことが起こるのか。

皆さん一番驚かれるのは
自動アルバム作成機能と
顔認識機能。

現在7歳になる私の娘を検索すると
娘の顔を認識したGooglフォトが
管理している全写真の中から、
ワンタッチで娘が写っている写真を抽出してくれます。

この顔認識がどのくらいの精度か・・・という確認のため
2016年から22015年・・・2014年・・・と、年を遡り
いったい何歳の娘まで認識しているのだろう?
というのをみんなでみていくのですが、

なんと・・・
面影なんて全くない

新生児時代

生後1~2日後の寝ている娘の写真も
抽出してくれているのです。

これには私も驚きましたが、
参加者の皆さんも、びっくり!!

みなさんの写真も同じように
たくさんの写真から大切な人の写真を
一瞬で抽出する事が出来るようになりますよ。

活用した感が必至、神アプリ!

スクールレッスン(教室型)講座は、
レッスン(練習)より、レクチャー(講義)が中心になるのですが
今回は1つ設定をして
みんなでアプリを使ってみる体験を含めてみました。

その名も
音声認識アプリ!

スマートフォンでインターネット検索がうまくできるようになると
スマートフォン活用の幅がぐぐーっと広がるのですが

インターネット検索がなかなか難しい。

とおっしゃる方が多いのです。

そこで、音声認識アプリを使うと
ブラウザ(インターネット閲覧や検索をするアプリ)を
使わなくても
いろんな情報検索が出来てしまいます。

参加者のおひとり、Kさんは
ご近所でお好み焼き屋さんを経営されているので
音声認識機能をONにしたうえで

「この辺でおいしいお好み焼き屋さんは?」

と、スマホに話しかけてみました。

すると、

「はい、こちらはいかがですか?」

とスマートフォンが返してきた結果は
ご自分のお店がトップ表示!

うれし~!!!!

と大喜びでした。

 

コンシェルジュより一言:

 スクールレッスン(教室型)講座は、不定期開催となっています。
随時、開催希望の講座のテーマも募集しております。お問い合わせからご連絡ください。
また、同じお問い合わせから、スクールレッスンで学んだことのフォローアップも行っています。
是非ご利用ください。

 to_jirei

 

 個人レッスン(遠隔レッスン型)

 

remotelessonご利用者様:70代 女性
ご契約内容:個人レッスン(遠隔サポート型) 

ご利用時間:1時間/月2回
ご支援期間:3か月(継続中)
IT経験レベル:タブレット/スマートフォン経験なし、PC操作経験は若干あり

ご利用状況:

生活支援サービスの「お片づけサービス」からこのサービスにつながりました。お片づけを進めていくと、CD、DVDや、写真、アルバム、年賀はがきなどの書類など、ご利用者様が処分しかねているものが大量に出てきました。これをデジタル化して整理するというご提案をしました。また、ただ整理するだけでなく、「タブレット」を使ってそれらのデータを使っていくという目的をもってレッスンを開始しました。

ステップ1>>なにはともあれ。電源操作

高齢者用・初心者用にタブレットを以下のように設定し、利用者様に送付します。

      ユーザー補助系を初心者向けに変更。

      セキュリティ強化の設定

     その他

タブレット送付の際、電源ON/OFF操作のみ、紙の手順書を同封します。フクロウらいふの個人レッスンは実践中心!テキストは原則使いません。

電源ON/OFFは出来るも、タブレット特有の指操作がなかなかうまく伝わりません。ご利用者様のモチベーションを保ちながら・・・と、最初のこの時点が一番苦労します。

  

ステップ2>>受動型アプリを使ってみる

初期利用アプリは基本、入力操作がなく、アプリの操作がなくても直感的に使え、かつ便利を思えるものだけをチョイスします。

ポイントは利用者様がいままでの普段の生活で利用していたものをヒヤリングした上で、テレビとかCDプレーヤー、ラジオとか受身的に楽しめるものを中心に絞込みます。

ご利用者様の場合は、タブレットをお送りする際に、おもちのCD100枚以上を全てタブレット内に保存しました。ですから、音楽を聴くときはこのタブレット一つで完結!CDの入れ替えは不要ですし、曲の検索もとてもスムーズになりました。ご利用者様が一番喜ばれたのが、「ジャンル」ごとに曲をリストできるミュージックアプリの機能でした。

 

ステップ3>>つまづいた時は・・・

実際に日常生活の中で利用していただきます。

経験上、入門者の方は基礎知識がなく、操作でわからないことが出たポイントで挫折してしまいます。フクロウらいふでは、スタッフが遠隔地から利用者様の端末を操作し、ご利用者様は画面を見ながら一緒に操作方法を学び・解決します。

基本的に利用者様が自ら操作方法を調べたりすることなく、フクロウらいふが遠隔地で操作する画面をみて身につけていきます。

 

ステップ4>>能動的アプリケーションに挑戦する!

ある程度、タブレットの仕組みがわかってきたところで主体的に操作を行っていただきます。

この時点まで来ると、これまでは、フクロウらいふのスタッフが、遠隔地で概ねサポートしていたものを利用者様自ら操作していただきます。

わからないときは、フクロウらいふがサポートし、日常生活で便利で楽しいアプリを使って実際にメリットを感じていただきます。

 このご利用者様は「メール」の練習をしました。Gmailは初心者には分かりづらいと感じましたので、タブレット標準のメールソフトを利用しました。パソコンでWordなどで文章をタイプすることはでき

ステップ5>>インターネット系サービスに挑戦する!

一通り、タブレットの操作がわかった段階で、インターネット系のサービス利用にチャレンジします。

利用者様にとって便利なサービスを調査・検討し、一緒に利用することで安心・安全に利用するためのノウハウを学んでいただきます。

インターネットやセキュリティについての基礎知識をマスターすることで自立的に各インターネットサービスを活用できることをゴールにしています。

 

コンシェルジュより一言:

 フクロウらいふのご利用開始当初は、

コンシェルジュに何を相談してよいのか困っておられる様子でした。

毎回の会話の中からいろいろな話題に展開していくこと経験していただいて

「特にきばって話すこともないのね」

と、肩の力を抜いて会話を楽しんでいただけるようになりました。

 to_jirei

 


 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter