利用事例-みまもりサービス

mimamori-image

見守りサービスの利用事例をご紹介します。


 

  (防犯機能付き)見守りセンサーシステム「MOSHIMO(モシモ)ボックス」

pose_anshin_obaasan

ご利用者様:40代 男性
世帯タイプ:5人家族(夫・妻・子ども3人)
住居概要:一戸建て(4LDK)
設置場所:2階部分リビング

遠方にお住まいのご両親に設置する前に、息子さんであるご利用者様のご自宅で利用していただきました。ひな壇型の土地のため、玄関やリビングなどの生活空間の中心が2階部分にある珍しい間取りでいらっしゃいます。最初は高齢の両親が利用可能かどうかの判断をされるためのテスト設置でしたが、防犯機能がご自身のご自宅でも有効であると考えられ設置いただくことになりました。

共働きであるご利用者様は特に、この防犯機能をお子様の帰宅確認に利用されています。防犯センサーが人の動きを家の中で検知すると、ご夫妻のメールへ通知が送られてくるので、お子様が帰ってこられたことがすぐにわかります。セキュリティ会社の防犯センサーだと、機器の取り付け料や月間利用料が高額になるため、防犯ツールは人感センサーのある外灯くらいしか利用されていませんでしたが、「MOSHIMO(もしも)ボックス」は設置費・初期費用がかからないため、まず試してみるということができてよかったとおっしゃっておられます。

小学校低学年のお子様が、簡単に「見守り」と「防犯モード」の切換えが出来るしくみになっているので、ご両親に対する説明も問題ないと判断いただきました。また、「モデム付きプラン」は、インターネット回線を使っていない両親にはとてもありがたい内容とご評価をいただきました。

コンシェルジュより一言:

 「MOSHIMO(もしも)ボックス」の特徴の一つは、防犯機能がついていること
、と言えます。実は、フクロウらいふのご高齢のお客様に、
この見守りシステムのお話をすると、ほとんどの方が「見守り」機能より
「防犯」機能に興味を持たれます。
オートロックセキュリティのきいたマンションの高層階にお住まいでない限り、
外出中の不審者の侵入の不安を感じられるのは当然で、
ご高齢であればなおさらだと思います。
「MOSHIMO(もしも)ボックス」は、「生活費に大きな余裕がない方にも、
小さな支出で安心が得る手段」として、
ソーシャルワーカーの思いを開発したアイデアです。
一戸建てにお住まいの方には、是非積極的に試していただきたいと思っています。
またフクロウらいふでは、ご希望があればソーシャルワーカーが中心になって、
異常検知時の通知先を受託または受託先を調整させていただくこともできます。
 to_jirei

  写真共有で見守る「フクロウのみまもり写真館」

ご利用者様:70代 女性
世帯タイプ:独居
住居概要:高齢者集合住宅
IT活用レベル:インターネット閲覧、簡単なWord,Excelは可。メール不可

roujin_TVdenwaお客様とは、生活支援のお片づけサービスのご利用で初めてお会いしました。
旦那さまが亡くなられた後、一戸建てのご自宅を出てマンションへ移っていらっしゃったのですが、空家にしておくのも気がかりで、まずは一戸建てのご自宅内の不用品整理を・・・とお考えになりお声がけいただきました。

アルバムは全部マンションに持っていきたいけど保管場所もないな・・・というお話から、紙の写真をパソコンやスマートフォンなどで閲覧できるようにする「写真のデジタル化」をお勧めしました。すると、娘さんから時々写真が送られてくるというソフトバンクのフォトビジョンというデジタルフォトフレームを持ちだされて、「これで、私の方からも娘や孫に写真が送れるの?」と聞いてこられました。お伺いしてみると、娘さんがお客様(以降、お母さま)の様子を知りたいので、ご自身の写真を撮って送ってきてとおっしゃるそうなのですが、どうやって送ればいいのか見当もつかないという内容でした。双方ががお互いの様子を知りたがっている・・・・フクロウのみまもり写真館にピッタリの状況でした。

お母さまはパソコンは少しお使いでしたが、携帯はスマートフォンではない携帯(いわゆるガラケー)で、いずれにしてもメールなどを使ったコミュニケーションは「今まで何度もトライしたが、全然できなかった」という風でした。しかし、旅行などで撮影したデジタルカメラの画像を、自分のパソコンに取り込んでいらっしゃったので、まずは、この写真を整理するところから始めした。

お母さまの写真が見れるようになった娘さんから、「お母さんから聞いていた以上に、いろんなところに出かけている写真があったのでびっくりした」という電話がかかってきたそうです。その後、娘さん家族の様子を撮った写真も、Googleフォト通して見ることができるようになりました。娘さんがレンタルしてくれていたソフトバンクの「フォトビジョン」の契約も解除し、月々のレンタル料が不要になったので、それも娘さんにとってはとてもよかったとおっしゃっていました。

コンシェルジュより一言:

 フクロウのみまもり写真館はGoogleフォトという無料のサービスを使います。
みまもる側、みまもられる側それぞれの生活の様子を撮影した写真を、
お互いに見られるようにする設定をします。実はこのような写真共有は、
他にも実現方法があるのですが、フクロウのみまもり写真館が
Googleフォトを利用するのには大きな理由があります。
それは、一回設定してしまえば、あとは写真をパソコンに取り込むだけで、
写真を整理したり、アップロードしたりという作業が全く不要という
メリットがあるからです。スマートフォンなどを使って写真を撮っている場合は、
「写真を撮る」だけで、自動的にGoogleフォトに整理され、「取り込む作業」さえ不要
となります。「手順が効率化されている」、「誰でも操作が簡単にできる」点で、
写真整理はgoogleフォトがとても便利。
そして、Googleフォトは無料のサービスですので、このしくみを作ってしまえば、
その後のランニングコストがかからないことが素敵なところ!
GOogleフォトを使えば、写真共有を使ったみまもりシステムがすばやくスタートでき、
無理なく長続きさせることができると思うのです。
写真整理とみまもりを同時に実現するこのしくみ、ぜひチャレンジしてみてください。
フクロウらいふでは、この写真共有の仕組みのスタートアップ作業(設定、使い方のレクチャー)を行い、お客様の生活の中に自然に活用されるまでのご支援を行っています。また、タブレットのレンタルなど、みまもり写真館をより使いやすくする付加サービスも行っていますので、お問い合わせください。

 to_jirei

 

 IT活用教室で創る「タブレットアプリを使用した見守りの仕組み」

ご利用者様:80代 男性
世帯タイプ:独居
住居概要:一戸建て
IT活用レベル:パソコン普段より利用、タブレットは初めて利用

smartphone7_ojiisan「タブレットに全く必要性を感じない。」とおっしゃれていたAさん。それもそのはず。WordもExcelもインターネット検索も、全てすいすいとパソコンで行えてしまうのです。しかし、健康に気を付けていきたいな・・・とご相談を受けた際、活動量計をご案内したことでタブレットを使うきっかけを得られました。活動量計とは、毎日の歩数だけでなく、活動の強弱を区別して活動量を測定したり、浅い眠り、深い眠りなども記録する事が出来るもので、リストバンドのように身につけて使用する為、ウェアラブルデバイスと呼ばれているものです。Aさんは、UP MOVEという活動量計を使用する事になったのですが、このデバイスが取得できるデータを自動的に記録する為には、タブレットが必要になってしまったのです。

UP MOVEの場合、活動量計のデータをご自身だけでなく、家族や友人にも公開する事が出来るため、Aさんの活動量の多い日には、アプリのメッセージ機能を通して「がんばってるね!」などの応援メッセージが届くようになりました。このアプリもまた、遠く離れた家族にとって「みまもり」の仕組みを作ってくれています。しかし、せっかくいろいろなことが出来るタブレットを使うのですから、他のアプリを使ってみましょうか・・・とお勧めしたのがWelbyマイカルテ(ウェルビーマイカルテ)というアプリでした。ちょうど血圧を習慣的に計測することが出来なくなっていたため、このアプリで習慣化する事を目標に据えて、使い方をご教授しましたところ、血圧の記録だけでなく、このWelbyマイカルテの非常に多彩な機能、使い勝手の良さを大変気に入られ、食事記録や服薬記録機能なども使用するようになられました。このWelbyマイカルテにはこれらの記録を医療関係者や家族とシェアする機能が標準で備わっており、このアプリケーションもみまもりに一役買ってくれるようになりました。

コンシェルジュより一言:

 血圧や血糖値はどヘルスケアに関連する測定値を記録するアプリケーションは
非常にたくさん出ています。しかし、その中から自分に合ったものを選ぶとなると、
かなり手間がかかって面倒くさいものでしょう。
評価の高いアプリを使えばいいか・・・というと、一概にそうではないのです。
つまり、評価している人の年齢や生活状況、IT利用状況によって、
評価する視点が変わってくるからです。フクロウらいふでは、
ご利用者様の様々な状況を踏まえて、アプリの選定・評価を行いますので、
なるべくご自分がしっくりくるものが使用できると思います。

 

フクロウらいふでは、IT活用教室サービスを通して、お客様の生活の中に自然にアプリが活用されるまでのご支援を行っています。また、タブレットのレンタルなど、みまもり写真館をより使いやすくする付加サービスも行っていますので、お問い合わせください。

 to_jirei
It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter